2017年11月1日に発売されるなり大人気のSpeed Wi-Fi NEXT WX04。

WX04は前作のWX03から大きく進化しているので、今から購入するなら絶対にWX04がおすすめです。

 

では、WX04はWX03と比較して何が進化したのでしょうか?

僕は、WX04は性能のバランスが取れた最高の端末だと思っているのですが、今回はその理由を解説していきます。

 

WX04の契約にはWX03と違って注意しなければいけない部分もあるので、端末選びに迷っている人は参考にしてみてください。

 

※WX04を公式ページから申込むと10,000円のキャッシュバックなのですが、下記のWEBキャンペーンから申込めば約3万円(3倍)のキャッシュバックが付きます。WX04を申込むならこのキャンペーンがお得です。


WX04とW04を比較して分かる違い

WX04とWX03は具体的にどこが違うのか?

まずは基本的なスペックを比較してみましょう。

 

 機種 WX04 WX03
画像
メーカー NEC NEC
サイズ 111×62×13.3mm 99×62×13.2mm
重さ 約128g 約110g
最大通信速度 440Mbps 440Mbps
連続通信時間 ・ハイパフォーマンス:約8.1時間

・ノーマル:約11.5時間

・バッテリーセーブ:約13.8時間

ハイパフォーマンス:約7.3時間

ノーマル:約10時間

バッテリーセーブ:約12.3時間

バッテリー容量 3,200mAh  2,890mAh
ウエイティング時間 50時間 45時間
バッテリー交換 可能 可能
テザリング台数 10台 10台
USBタイプ C Type micro USB
au LTE 利用可 利用不可
bluetooth 利用可 利用可

 

最大通信速度は変わりませんが、バッテリーの容量が大きくなった分だけ連続通信時間が伸びています。

WX03→WX04の変更点を簡単にまとめると下記の7つになります。

 

  • バッテリーの容量が大きくなってネットに接続できる時間が増えた。
  • バッテリーが大きくなった分だけ重さも少しだけ重くなった。
  • au LTEの電波が使えるようになって通信エリアが拡大。
  • WX03で好評だった充電器の電波強化アンテナはWX04にも継承。
  • 契約プランがLETの電波が無料で使える3年プランの契約のみ。
  • USBがmicro USBから最新のTypeCのUSBへ変更。
  • 電波の受信を安定させるビームフォーミング機能が搭載。

 

後で詳しく解説していきますが、LTEが使えるようになったことと、それに伴って3年プランのみでの契約になる事が一番大きな違いです。

 

目を見張るような進化という訳ではありませんが、着実に使い勝手がよくなっています。

僕はどちらも試してみましたが、これからWiMAXを購入するのであれば、WX03よりも間違いなくWX04がおすすめです。

 

 

 

性能はWX04の方がいいので、あえて型落ちのWX03を選ぶメリットはありません。

 

 

WX04の進化ポイント

では、WX04の進化した部分やおすすめのポイントを詳しくみていきましょう。

まずは何と言ってもこの進化です。

 

au LTEの利用が可能になった

一番驚いたのはWX04でau LTEの電波が使えるようになったこと。

LTEというのは人口カバー率99%を誇る『auの電波』なのですが、今まで『WXシリーズ』ではLTEを使う事ができませんでした。

 

 

しかし、WX04からはこれが使用可能に。

今までLTEはライバル端末の『Wシリーズ』でのみ使えていたので、この進化によって2つの端末に大きな差はなくなりました。

 

『au LTE』が使えるメリットは田舎などの山間部などにも電波が届きやすいということ。

ザックリ言うと、人が生活しているほとんどの地域で電波が繋がります

 

WiMAXは通常『WiMAX2+』という電波を使ってネット接続をしているのですが、より通信エリアの広い『LTE』が利用できるようになることで、田舎などの山間部でもネット接続が可能になります。

キャンプ場や海水浴場といった場所もLTEのカバー範囲なので、「みんなでYoutubeを見ながら楽しくキャンプ!」なんて事もできるようになります。

 

大容量のバッテリー搭載でバッテリー持続時間が長くなった

WX04に搭載されているバッテリーは3,200mAhという、WX03の2,890mAhよりも大きなバッテリーが搭載されています。

そのため待受時間や連続通信時間が伸びています。

ポケットWi-Fiにとってこの通信時間や待ち受け時間はほんっと~に大切

 

ネットに接続したい時に充電がない・・・では意味がないので、

 

  • スマホを充電するのをよく忘れてしまう。
  • 小まめに充電するのが苦手。

 

という人には、バッテリー持ちが良いWX04がおすすめです。

 

バッテリーの残量を気にしながらネットに接続するのって嫌ですよね?

いざネットに繋ぎたい時に充電がない・・・・。

 

そんなストレスのかかる状態にならないためにも、バッテリーの容量は少しでも大きいに越したことはありません。

 

たかしたかし

モバイル端末はスマホと同じでバッテリーの持続時間が命。そう考えるとWX04のバッテリーは大容量なので使いやすいよ。

 

アンテナ付クレードルで室内利用時の電波が強化

前作のWX03のクレードルに搭載されて大好評だった電波を強化するアンテナ(Wウイングアンテナ)。

今回のXW04のクレードルにもしっかりと引き継がれています(嬉)。

 

 

では、クレードル(アンテナ)がある事で具体的にはどういったメリットがあるのでしょうか?

簡単に言うと、クレードルに接続すればWiMAXの電波を受信しやすくなり、その結果、アンテナの本数が増えて室内でも安定した通信ができるようになります。

 

 

イメージで表すと次の画像のような感じ。

 

 

クレードルがあれば自宅でも十分活躍してくれるので、固定回線の代わりに外出先と自宅の両方で使いたいという人にもベストです。

 

関連記事⇒メリット多し!WX04のクレードル(充電器)の知られざる効果がコレ!

 

たかしたかし

自宅での通信速度が上がるし、充電もしやすくなるのでクレードルは本当におすすめ。

ビームフォーミングで通信が快適にできる

ビームフォーミングというのは電波を受信しているパソコンやスマホの方向を感知して、より強力に電波を送る仕組みの事。

ビームフォーミング機能がある事で、電波の受信強度が上がるので通信が安定します。

 

 

WiMAXはたまに通信電波が途切れることがあるので、これは本当に心強い機能。

これで、途中で動画などが途切れることが少なくなり、より快適にネットに接続できるようになります。

 

たかしたかし

ビームフォーミングはスマホやパソコンに向けて集中的に電波を送る機能のこと。この機能があることで最大20%も通信速度がアップします。

スケジュール機能(自動電源ON・OFF)で電池持ち時間がアップ

WX04の大きな特徴として、電池の持ちを長持ちさせる機能が充実している事が挙げられます。

このスケジュール機能もバッテリー対策の1つで、WiMAXを使わない時間は自動で電源をOFFにしてくれます。

 

 

バッテリーの持続時間を長くするという意味でも、これは本当に便利な機能です。

 

一番大きいのは契約プランの違い

WX04とWX03の一番大きな違い。

それは、WX03は2年契約ができるのに対して、WX04は3年契約しかできないという事です。

 

WiMAXには2年契約と3年契約のプランがあるのですが、この2つの契約プランの違いはau LTEが無料で使えるかどうか。

2年プランだとau LTEを利用するのに月額1005円かかるのですが、3年プランだとこの月額使用料がかかりません。

 

つまり、WX04は『WiMAX2+』と『au LTE』の電波が二刀流で使えるようになったので、3年契約でLTEを無料にして長所を活かすという考えです。

 

今まで2年契約だったので契約期間が3年となると少し抵抗があるかもしれません。

ただ、WX04はバッテリーも交換できて長く使える端末なので、あまり心配はありません。

 

WX04を公式ページよりお得に申込む方法

最後になりますが、WX04を公式ページよりもお得に申込む方法って知ってますか?

実は、WiMAXは公式ページから申込むよりも、プロバイダと呼ばれる代理店から申込んだ方お得です。

 

公式ページからWiMAXを申込むと、2,800円を支払って端末(WX04)を購入しなければいけません。

それが、GMOとくとくBBというプロバイダから申込みをするとWX04は無料プレゼントとなり、さらに、約3万円のキャッシュバックが付きます



このようにWiMAXはWEBキャンペーンを使って申込むのが損をしないポイント。

業界最高値のキャッシュバックを行っているのが下記のGMOとくとくBBというプロバイダなので、WiMAXの申込みはこのキャンペーンを利用しましょう。

 

GMOとくとくBBの公式ページへ

 

どのプロバイダから申込んでも通信速度やエリアは変わらないので、キャッシュバックの高額なとくとくBBからの申込みが一番おすすめです。

 

まとめ

WX04はWX03と比較してバッテリーの持ちが良くなり、ビームフォーミングやスケジュール機能など、様々な部分で進化しています。

弱点が見つからないくらいにバランスが取れた端末になっているので、これから購入するなら間違いなくWX04がおすすめ。

 

下記のキャンペーンを利用すればキャッシュバックも付くので、上手に利用しましょう。

 

 

キャンペーン情報