バッテリーの持続時間が長く、使いやすいと人気のSpeed Wi-Fi NEXT WX04。

あなたがこれからWX04を申込みをしようと思っているのであれば、一緒にクレードル(充電器)を購入しようかどうか迷っていると思います。

 

結論を最初にいうと、室内でWiMAXを利用することがあるならWX04のクレードルはあった方が便利

実際に試してみましたが、クレードルがあれば自宅での通信が安定し、友達や家族と一緒にネットを利用する事ができるようになるのでおすすめです。

 

しかも、WX04のクレードルはお金を出して購入しなくても、下記のWEBキャンペーンを使えば無料で手に入れることができます。

今回はWX04のクレードルを使うメリットを詳しく解説していくので、購入を迷っているのであれば参考にしてみてください。

 

キャンペーン情報
下記のWEBキャンペーンを使えば、キャッシュバックがもらえてクレードルも無料で手に入れることができます。


↑WiMAXのキャッシュバック付きキャンペーン↑

 

WX04のクレードルの効果を実際に試してみた

WX04のクレードルにはどんな効果があるのか?

実際にクレードルの効果を測定するために速度を測ってみました。

 

WiMAXのWX04本体

 

何度か試してみたのですが、クレードル装着前の速度はこんな感じ。

 

【クレードル装着前の速度】

WX04をクレードルに装着する前のスピードテストの結果18.80Mbps

WX04をクレードルに装着する前のスピードテストの結果19.99Mbps

※スマホで計測

 

アンテナの本数は4本で20Mbpsに届かないくらいの速度でした。

そして、WX04をクレードルに装着。

 

WX04をクレードルに装着した状態

 

すると、いっきに速度が上がりました。

 

【クレードル装着後の速度】

WX04をクレードルに挿してスピードテストをした結果→25.85Mbps

WX04をクレードルに挿して2回目のスピードテストをした結果→29.83Mbps

※スマホで計測

 

どうですか?かなりいい感じに速度が上がっていますよね?

もちろん環境によって結果は異なると思いますが、個人的にはクレードルの効果はかなり実感できると思っています。

 

キャンペーンを使えばクレードルは無料でもらえるので、持っていて損はありません。

下記のキャンペーンを利用して、是非、クレードルの効果を試してみて下さい。

 

 

そもそもクレードルって何?

クレードルというのはWiMAXの充電台の事です。

クレードルがあればWX04本体を差し込むだけで端末の充電ができるようになります。

 

WX04のクレードル

 

上記がWX04のクレードル。

型番は「NAD34PUU」です。

 

今、「何だ、ただの充電台か・・・。」って思いました?

実はWX04のクレードルはただの充電台ではなく、WiMAXの通信を安定させ、電波を強化する機能がついています。

 

WX04のクレードルは価格が3,980円(税込)なのですが、先ほども説明したようにキャンペーンを利用すれば無料で手に入れることが可能。

クレードルを別購入すると損をしてしまうので、「クレードルがほしい!!」という場合はWEBキャンペーンを使って無料で手に入れましょう。

 

WX04の拡張アンテナの効果と役割

WX04のクレードルには「Wウイングアンテナ」と呼ばれる電波を拡張するアンテナがついています。

 

WX04のクレードルについている拡張アンテナ

 

このアンテナがあることでクレードルを使用しない時よりも40%も通信エリアがアップ

下の図を見るとイメージが湧きやすいと思いますが、クレードルに接続すると全方向の電波をキャッチしてくれるようになります。

 

 

さらにWX04にはWiMAXからスマホやパソコンに送り出す電波を強化する、ビームフォーミングという機能も搭載されています。

 

ビームフォーミングとはスマホやパソコンに向けて集中的に電波を送る技術のこと。

この機能があることで、回線速度が最大20%アップします。

 

 

こうした機能があることで、WX04はホームルーターの代わりとしても利用可能。

特に1人暮らしや彼氏(彼女)と同棲している人などは、自宅に固定回線を引く必要が無くなるので便利です。

 

さらにLANケーブルを使った有線接続もできるので、オンラインゲームをプレイする等、ネット接続の安定を重視したい人にも最適。

クレードルがあればWX04の性能を1.5割増しで体感できます。

 

ちなみに、WiMAXの公式ページではクレードルの効果についてこのように説明しています。

 

室内などの弱電界(アンテナ1,2本)において電波感度が向上し、ルータ単体に比較して電波受信レベルが向上します。

弱電界(アンテナ1,2本)の場所であれば、アンテナ本数が増える場合があります。

Wi-Fi側も端末側にてアンテナ本数が少なければ増える場合があります。

結果として装置単体に比較して20%程度スループットが向上します。

抜粋:UQ公式ホームページ

 

簡単に言い直すと、「アンテナが1〜2本しか立っていない場所で使うとアンテナの本数が増えて、その結果、通信速度が速くなるよ。」ということですね。

 

 

充電台としてもメリットが多い

ここまではクレードルの付加価値を中心に紹介してきましたが、クレードルは単純に充電台としてもメリットがあります。

通常WiMAXを充電する時は、本体とUSBケーブルを接続する必要がありますが、これは両手で行う作業。

 

WiMAXのW03のUSBの差込口

画像はW03のUSBポート

 

それがクレードルだと、家に帰ってきて設置するだけという片手作業になります。

 

WX04をクレードルに装着する方法

↑差し込むだけでOK!

 

今、「大した違いじゃないじゃん・・・」って思いました?

いやいや、これは実際に体験してもらうと分かるのですが、ワンタッチで充電できるって本当に楽です。

 

さらに机の上がきれいに保てるというのもメリットの1つ。

Wi-Fiルーターは書類や本の間に挟まって、どこに行ったか分からなくなることがよくあります。

あなたもそんな経験がありませんか?

 

クレードルがあれば机の上を整頓できるので見た目も良く、充電のし忘れも防げるので、端末と一緒に購入しておくのがおすすめです。

 

 

利用者の評判

実際にクレードルを利用した人はどれくらい効果を時間しているのでしょうか?

まだ発売されたばかりでWX04に関する評判が少ないので、前機種のWX03の口コミを参考にしてみましょう。

 

効果を実感したという評判

まずは効果を実感したという人の評判から。

 

 

あまり効果を実感できなかったという口コミ

続いて、あまり効果を実感できなかったという人の口コミ。

 

 

結局、クレードルは必要?

一度、クレードルの効果をおさらいしてみましょう。

 

  • 自宅で幅広いエリアの電波を拾ってくれる(通信エリアの改善)。
  • WiMAXからスマホやパソコンに電波を送り出す力の強化(通信の安定)。
  • LANケーブルでの接続が可能(通信の安定)。
  • 充電がワンタッチで簡単(充電忘れが防げる)。
  • 机の上がきれいに片づく

 

クレードルにはこんなメリットがあり、端末から離れた場所でもネットに接続できるので、友達や家族と一緒にネットに接続する事が可能になります。

そして実験の結果、電波が安定して通信速度がUPする事も分かりました。

 

では、結局クレードルは購入した方がいいのか?

これに対する僕の答えは「あった方が絶対に便利!」という一言です。

 

数年前の僕みたいに机に直置きでなく、クレードルに接続した方が、見た目的にも機能的にもおすすめできます。

 

W03が机の上に置きっぱなしで整頓されてない状態

数年前のmyデスク。しょっちゅうWiMAXが行方不明になってました・・・(笑)。

 

クレードルがあれば机周りもスッキリするので、きれい好きな方にもベストです。

 

WX04をクレードルに挿して整頓された状態

 

WX04のクレードルを最初に購入しておいた方がいい理由

ゆうたゆうた

クレードルは本体と一緒に購入する方がいいって話を聞くんですが、それは何でですか?

みさとみさと

WiMAXのクレードルはすぐに品切れになってプレミア価格で販売されることが多いの。だから後で買い足すなら最初に買っておいた方がいいっていう訳よ。

ゆうたゆうた

そういえば、一時期、WX03のクレードルはamazonで定価以上で売られてましたもんね・・。

みさとみさと

WiMAXはあまりクレードルを量産しないから、すぐに品切れになっちゃうんだよね。今回も品薄状態になるのは確実だから端末と一緒に申込んでおくのがベストなのよ。

みさとみさと

下記のキャンペーンを利用すればクレードルは無料でもらえるし3万円近いキャッシュバックも付くから、後でクレードルを買い足すよりもお得になる事は間違いないわ。

 

WX04を選ぶ際に絶対に知っておくべき注意点

WiMAXには2年契約と3年契約のプランがあるのですが、WX04は3年契約のみの申込みとなります。

(公式ページからは2年契約で申込めるけど、全然お得じゃないです・・。)

 

2年プランと3年プランの違いはau LTEが無料で使えるかどうか?

2年プランだとau LTEを利用するのに月額1005円かかるのですが、3年プランだとこの月額使用料がかかりません。

 

最初に説明したようにau LTEは人口カバー率が99%を超える広範囲のエリアをカバーしています。

WX04は『WiMAX2+』と『au LTE』の電波が二刀流で使えるので、LTEが無料で使える3年契約の方が長所を生かせるという訳です。

 

契約期間が3年となるとWiMAXでは長いような気もしますが、バッテリーも交換できて長く使える端末なので心配はありません。

むしろこれからは、WiMAXも3年契約が主流になってくるでしょうね。

 

WX04を公式ページよりお得に申込む方法

では、WX04を公式ページよりもお得に申込むにはどうしたらいいのでしょうか?

UQの公式ページから申込みをすると、2,800円を支払って端末(WX04)を購入する必要があります。

 

しかし、GMOとくとくBBというプロバイダから申込みをするとWX04は無料プレゼント。

さらに3万円を超えるキャッシュバックが付きます。

 

もう分かりましたよね?

WiMAXをお得に申込む方法は、高額なキャッシュバック付きのWEBキャンペーンを利用する事です。

そして、業界最高値のキャッシュバックを行っているのが下記のGMOとくとくBBというプロバイダ。

 

GMOとくとくBBの公式ページへ

 

このキャンペーンを利用すれば、公式ページから申込みをした人よりも2万円近くお得になります。

そしてこのキャンペーンを利用すれば、クレードルを無料でもらう事もできます。

 

どのプロバイダから申込んでも通信速度やエリアは変わらないので、キャッシュバックの高額なとくとくBBからの申込みが一番おすすめです。

 

まとめ

WX04のクレードルは電波を強化するアンテナが付いているので、ホームルーターとして使いたい人にもおすすめ。

デスク周りをきれいに整頓できるだけでなく、友達や家族と一緒にネットに接続する場合でも通信が安定しやすくなります。

 

WiMAXのクレードルは毎回品薄になるので、キャンペーンを利用して最初に手に入れておくのがおすすめです。

 

 

急速充電が可能なACアダプタは便利

WX04にはコンセントから直接充電できるACアダプターはついていません。

なので、USBケーブルをパソコンに繋いで充電するのが一般的です。

 

クレードルにもACアダプターは付属していないので、コンセントに繋いで充電したい場合は共通ACアダプターを購入する必要があります。

 

 

このACアダプターは急速充電に対応しているのでWX04を素早く充電したいという時には便利です。

 

キャンペーン情報