WiMAXのプロバイダとして人気がある3WiMAX。

28000円という高額なキャシュバックキャンペーンを行っているので、あなたも3WiMAXに興味を持っていると思います。

 

ただ、実を言うと3WiMAXよりも高額なキャッシュバックを行なっているプロバイダがあるので、実質の利用料金は3WiMAXが最安値ではありません。

なので、WiMAXを契約するなら3WiMAXよりもキャッシュバック金額が高いGMOとくとくBBから申込をするのがおすすめ。

 

今回は3WiMAXとGMOとくとくBBを比較して、その理由を詳しく解説していくので参考にして下さい。

 

 

3WiMAXとは?

3WiMAXは株式会社Link Life(リンクライフ)が提供してるサービス。

公式ページには「Powered by KDDI」と書いてあり、メインカラーもauを連想させるオレンジ色。

 

参照:3WiMAX

 

そのため、「au=KDDI」が運営するWiMAXの公式ページだと勘違いする人もいるようですが、実際は数あるWiMAXのプロバイダの1つです。

 

 

28000円という高額のキャッシュバックを行っているので、WiMAXを安く使いたいという人に人気があります。

 

GMOとくとくBBとは?

GMOとくとくBBは株式会社GMOインターネットが運営するプロバイダ。

業界最高値のキャッシュバック額を誇ることで知られています。

 

参照:GMOとくとくBB

 

WiMAXは、どのプロバイダから申込をしても通信エリアや通信速度などは同じ。

そのため、差が付くのは申込時に受け取れるキャッシュバックなどの特典のみです。

 

その中で業界最高値のキャッシュバックを行っているということで、GMOとくとくBBは抜群の人気を誇っています。

(僕の知り合いは、とくとくBBから申込をしている人がほとんどです。)

 

3WiMAXとGMOとくとくBBの月額料金の比較

では次に3WiMAXとGMOとくとくBBの料金を比べてみましょう。

今回はギガ放題で契約した場合のプランについて比較してみます。

 

3WiMAX GMOとくとくBB
初期費用 3000円 3000円
端末到着月 日割り 日割り
1~2ヶ月目 3,495円 3,609円
3~24ヶ月後 4,130円 4,263円
会員費(毎月) 200円 なし
2年間の合計 109,345円 107,613円

※2年間の合計:端末到着月は1日に届いたものとして計算しています。

 

一見、月額料金は3WiMAXの方が安いように見えますが、他のプロバイダには存在しない会員費(200円)が毎月かかるという部分に注意が必要。

正直、これは月額料金を安く見せるために、わざと料金を分かりにくくしていると言われても仕方ないです。

 

結局、月額料金はGMOとくとくBBの方が安く、2年間使い続けた場合、GMOとくとくBBの方が1,700円程度お得になります。

 

キャッシュバックを加算した実質使用料

では次に、キャッシュバック金額を加算した実質の使用料をみてみましょう。

 

3WiMAXのキャッシュバック金額は28,000円。

一方のGMOとくとくBBのキャッシュバック額は、端末にもよりますが32,000円前後です。

(月によって多少の変動があります。)

 

この金額を2年間の合計価格から差し引いてみましょう。

 

3WiMAX GMOとくとくBB
2年間の合計金額 109,345円 107,613円
キャッシュバック額 28,000円 32,000円
実質の利用料 81,345円 75,613円

 

こうして比較してみるとGMOとくとくBBの方が実質の利用料金が安くなることが分かりますよね?

この結果からも分かるように、安くWiMAXを利用したいのであれば、3WiMAXよりもGMOとくとくBB申込の方がお得です。

 

 

3WiMAXの評判

3WiMAXの評判はどうなのか?

ネット上で探してみたけど見つからなかったという人も多いと思います。

 

では、なぜネット上で3WiMAXの評判が見つからないのか?

それは、WiMAXのプロバイダーの中で、3WiMAXはまだまだマイナーな存在だからです。

 

あとは、WiMAXはどのプロバイダで利用して速度や通信エリアが変わらないというのも1つ。

プロバイダによる通信面の違いがないので、ネット上に評判が上がりにくいのだと思います。

 

そんな中で1つだけ気になったのが3WiMAXはキャッシュバックが受け取りにくいという評判。

確かに開通から13ヶ月目にキャッシュバックされることや、通知メールが決められてメールアドレスにしか届かないなど、手続きが面倒な部分はあります。

 

ただ、これは3WiMAXに限らずネット系(光回線など)のキャッシュバックはほとんど同じ条件。

GMOとくとくBBも似たような感じです。

 

「じゃあGMOとくとくBBも駄目じゃん・・」って思うかもしれませんが、ここは1つの対策をするだけでOK。

これをしておくだけで、キャッシュバックの受け取り忘れがなくなります。

 

キャッシュバックを確実に受取る方法

キャッシュバックを確実に受け取るためにはどうすればいいのか?

それは、キャッシュバック通知メールが送られてくる月のカレンダー(スケジュール帳)にチェックをいれておくだけです。

 

キャッシュバックをもらい忘れる1番の原因は約1年後に送られてくる「通知メール」を見逃してしまうため。

なので、前もって通知メールが届く時期をカレンダーなどに書いておいて、その月だけメールをしっかりとチェックすればいいだけです。

 

翌年のカレンダーがない場合は12月の部分に「新しいカレンダーを買ったら〇月に印」と記載するだけでOK。

僕はこの方法で過去の全てのキャッシュバックをもらい忘れることなく受け取っています。

 

今回のまとめ

3WiMAXは28,000円と高額なキャッシュバックが付くプロバイダですが、GMOとくとくBBはさらに高額なキャッシュバックが付きます。

実質の利用料金もGMOとくとくBBの方が安いので、3WiMAXよりもおすすめです。

 

キャッシュバックに関しては、通知メールが届く月をカレンダーやスケジュール帳にチェックしておくだけで、もらい忘れを防ぐことができます。

 

WiMAXはどのプロバイダから申込んでも通信エリアや速度は変わらないので、1番お得なキャンペーンから申込むのがポイント。

そう考えると、業界最高値のキャッシュバック額を誇るGMOとくとくBBからの申込がおすすめです。

 

 

キャンペーン情報