WiMAXにはクレードルという充電台があるのですが、契約する時にクレードルを一緒に購入するかどうか悩みますよね?

 

「クレードルを使うとどんなメリットがあるの?」

「拡張アンテナの効果ってどれくらい?」

「通信速度は速くなるの?」

「クレードルがあると具体的にどんなことができるの?」

 

あったら便利そうなのは分かるけど、どんなメリットがあるかイマイチ良く分からない・・・・

これが僕の正直な感想で、クレードルを申込むべきかどうか本当に悩みました。

 

結論を先にお伝えすると、クレードルはPS4などのオンラインゲームをしたり動画を視聴する人は購入しておいたほうがいいです。

逆に、外出先出の利用がメインで、ネットサーフィンをしたりブログを書いたりする程度という人にはあまり必要ありません。

 

今回はクレードルの効果やメリットについて詳しく解説していくので、購入を迷っている方は参考にしてみて下さい。

 

ちなみに、クレードルはお金を出して購入しなくても、下記のGMOとくとくBBのキャンペーンを利用すれば無料で手に入れることが出来ます。



そもそもクレードルって何なの?

最初にもお伝えしたように、クレードルというのはWiMAXの充電台のこと。

現在、WiMAXにはHUAWEI(ファーウェイ)の『W05』と、

 

 

NECの『WX04』の2つのルーターがあるのですが、

 

 

このどちらの端末にも用意されているオプション品です。

 

クレードルを使うメリットは大きく分けて下記の3つ。

 

  • 端末をクレードルにセットするだけなので充電がしやすくなる
  • LANケーブルを使った有線接続で通信が安定する
  • 拡張アンテナで電波をつかみやすくなる(WX04のみ)
  • 自動でハイパワーモードに切り替わるのでフルパワーで使える(W05のみ)

 

特にLANケーブルを使った有線接続ができるというのは、オンラインゲームや動画視聴など、安定した通信環境が必要な人にはとても便利な機能です。

クレードルの背面にLANケーブルを差すポートがあるのですが、ここにLANケーブルを差してパソコンやPS4と接続します。

 

 

そうすると無線で通信するよりも電波が安定するので、通信が途切れにくくなり、速度も上がります。

 

まあ、あまり難しく考えずに、自宅でゲームや動画視聴をすることが多い人はクレードルを一緒に購入しておくのがベストです。

あとは、端末の置き場所ができるので、整理整頓をして部屋の中を綺麗にしたいという人にもおすすめです。

 

 

WEBキャンペーンを利用すればクレードルは無料でもらえるので、自宅利用がメインの人は持っておいて損はありません。

 

 

W05のクレードルだけの特徴⇒フルパワーモードへの切替

WiMAXには

 

  • 【ノーマル】:通信速度とバッテリー消費のバランスを考えたモード
  • 【ハイパフォーマンス】:フルパワーで通信を行うモード。バッテリーの消費が激しい。
  • 【バッテリーセーブ】:バッテリー消費量は抑えられるが通信速度も低下。

 

という3つのモードがあるのですが、普段はバッテリーの消耗を抑えるために、ノーマルモードで通信をしています(手動で切り替え可能)。

W05の連続通信時間はノーマルモードだと540分(約9時間)ですが、ハイパフォーマンスで使用すると390分(約6時間半)と、半日も持ちません。

 

しかし、充電中はコンセントから電気が供給されるので、バッテリーの消耗を気にする必要はありませんよね?

そこで、W05のクレードルには、端末を充電すると自動でハイパフォーマンスモードに切り替えてくれるという機能があります。

 

なので、自宅で利用する際は常にフルパワーでの通信が可能。

動画を見るのもゲームをするのも安心です。

 

W05の性能を最大限に発揮させるためにも、自宅でWiFiに接続する機会の多い人はクレードルを持っていて損はありません。

 

 

WX04のクレードルだけの機能⇒拡張アンテナ

W05のクレードルは充電台としての機能しかありませんが、『WX04』のクレードルには「Wウイングアンテナ」と呼ばれる電波を強化するアンテナがついています。

 

このアンテナがあることで、クレードルを使用しない時よりも最大で40%も通信エリアがアップ。

 

 

上の図のように全方向の電波を受信するようになるため、電波を受信する感度が上がり通信が安定します。

さらに電波を受信するだけでなく、WiMAXからスマホやパソコンに送り出す電波も強化してくれるので、家の中の広い範囲でWi-Fi接続が可能になります。

 

 

クレードルで電波の受信を強化して、さらに有線接続をすれば通信はさらに安定します。

この点ではW05のクレードルよりも優秀なので、「外出先でも使うけどメインは自宅での利用」という人は、WX04とクレードルをセットで買っておくと安心です。

 

 

WX04のクレードルの効果を詳しく説明

WiMAXの公式ページではWX04のクレードルの効果についてこのように説明しています。

 

室内などの弱電界(アンテナ1,2本)において電波感度が向上し、ルータ単体に比較して電波受信レベルが向上します。

 

弱電界(アンテナ1,2本)の場所であれば、アンテナ本数が増える場合があります。

Wi-Fi側も端末側にてアンテナ本数が少なければ増える場合があります。

結果として装置単体に比較して20%程度スループットが向上します。

引用:UQ公式ホームページ

 

簡単に言い直すと、

 

「アンテナが1〜2本しか立っていない場所で使うとアンテナの本数が増えるし、スマホやパソコンにもしっかり電波が届くようになるよ。その結果、通信速度が速くなることがあるよ。」

 

ということですね。

 

つまり、アンテナの本数が少ない場所(電波の弱い場所)で使って初めてクレードルが効果を発揮するという訳です。

では、これを踏まえて実際の利用者のクレードルの効果に対する評判をみてみましょう。

 

利用者の評判

実際にWX04やWX03のクレードルを利用した人はどれくらい効果を時間しているのでしょうか?

とりあえず、効果を実感している人とあまり効果を感じられなかった人の口コミをずらっと並べてみました。

 

効果を実感したという評判

まずは効果を実感したという人の評判から。

 

 

あまり効果を実感できなかったという口コミ

続いて、あまり効果を実感できなかったという人の口コミ。

 

 

まさに賛否両論といった感じ。

では本当のところはどうなのか?

 

WX04のクレードルを使って実際に速度を計ってみました。

 

WX04のクレードルを実際に試してみた

結論を先にお伝えすると、WX04とクレードルを使って速度を計測すると、明らかな速度アップが実感できました。

 

 

何度か試してみたのですが、クレードル装着前の速度はこんな感じ。

 

【クレードル装着前の速度】

※スマホで計測

 

アンテナの本数は4本で20Mbpsに届かないくらいの速度でした。

そして、WX04をクレードルに装着すると、速度はこんな感じ。

 

 

【クレードル装着後の速度】

※スマホで計測

 

どうですか?かなりいい感じに速度が上がっていますよね?

もちろん環境によって結果は異なると思いますが、個人的にはクレードルの効果はかなり実感できると思っています。

 

キャンペーンを使えばクレードルは無料でもらえるので、持っていて損はありません。

下記のキャンペーンを利用して、是非、クレードルの効果を試してみて下さい。

 

 

結局、クレードルは必要?

今回紹介したように、クレードルが必要か必要でないかは、自宅でゲームをしたり動画を見る時間が長いかどうかで判断できます。

 

ほぼ外出先でしか使わないという人はクレードルを購入する必要はありません。

逆に、自宅でオンラインゲームをすることが多いという人は買っておいたほうが安心です。

 

特に、『WXシリーズ』のクレードルには電波を強化して通信を安定させる効果があるので、ストレスなくゲームがしたい人は端末と一緒に購入しておきましょう。

 

WiMAXのクレードルを無料で手に入れる方法

繰り返し説明していますが、W05、WX04のクレードルは無料で手に入ることができます。

ただ、WiMAXの公式サイトから申込みをした場合には、クレードルだけでなく端末自体も実費購入となるので気をつけてください。

 

では、どこから申込めばいいのか?

クレードルや端末を無料にするにはGMOとくとくBBというプロバイダのWEBキャンペーンを利用すればOKです。

 

そうすれば本体を購入する必要はなく、クレードルもプレゼント。

さらに3万円近いキャッシュバックも付くので、公式ページから申込むよりも断然お得です。

 

プロバイダというのはWiMAXの申込み窓口のようなもので、他にもBIGLOBEやSo-netといったプロバイダがあります。

どのプロバイダから申込んでもエリアや通信速度に変わりはないので、この中でもキャッシュバック金額が一番高いGMOとくとくBBを選ぶのがベスト。

 

実際に僕の周りでWiMAXを使っている友達も全員がGMOとくとくBBで申込みをしています。

 

 

sanada