WiMAXに使われているキャリアアグリゲーション(CA)と4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)という技術。

この2つの技術が使われることで、WiMAXは最高速度が440Mbpsになりました。

 

では、キャリアアグリゲーション(CA)と4×4MIMOはどういった仕組みで、どんな違いがあるのでしょうか?

今回はこの2つの技術の特徴について解説します。

 

WiMAXを申込む場合は下記のGMOとくとくBBのキャンペーンを利用すれば最高値のキャッシュバック特典が適用になります。



4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)とは

4×4MIMOは電波を送る基地局と受信するルーターに4本のアンテナを搭載してデータ通信をする方法

 

 

4つのアンテナで通信することで、220Mbpsという速度が出るようになります。

 

これはアンテナの本数を増やして沢山のデータを送受信できるようにしようという考え。

イメージとしては4つの道路を使ってデータ通信をするイメージです。

 

道路の本数が増えればそれだけ移動できる車が増えますよね?

この車がデータに置き換わるとイメージすればOKです。

 

そして、4×4MIMOの大きな特徴はビルなどの建物に反射した電波を使った通信に強いこと。

電波は建物なに反射しながら進むのですが、4×4MIMOはこういった電波をよく受信してくれます。

 

その結果、市街地などで電波が入りやすくなるので、都心部に住んでいたり、オフィス街での仕事で利用るには最適な技術だと言えます。

 

キャリアアグリゲーション(CA)とは

一方のキャリアアグリゲーション(CA)は周波数の違う電波を2つ束ねて通信する方法

4×4MIMOによって220Mbpsになった電波を2つ束ねることで440Mbpsの高速通信が可能になります。

 

 

4×4MIMOは道路の本数を増やすイメージでしたが、キャリアアグリゲーションは道路を2車線に拡大して通信できるデータ量を増やすイメージです。

 

今まで220MbpsだったWiMAXの最高速度が440Mbpsになったのは、このキャリアアグリゲーションが使えるようになっらからです。

 

キャリアアグリゲーションと4×4MIMOの対応端末

今まではNECが作っていたWX02などが4×4MIMO。

ファーウェイが作っていたW03やW02などがキャリアアグリゲーション技術を採用していました。

 

しかしWX03とW04から、両メーカーともキャリアアグリゲーションと4×4mimoを併用するようになり、WiMAXの速度が440Mbpsと飛躍的に伸びています。

 

そのため、これからWiMAXを申込む場合は、両方の技術が導入されたW04やWX03以降の端末がおすすめ。

また、家庭で使う場合には同じく下り速度最大440MbpsとなっているホームルーターのSpeed Wi-Fi HOME L1がベストです。

 

ただ、1点だけ注意しなければいけないのが、現時点で440Mbpsに対応していない地域があるということ。

エリアは現在拡大されている最中なので、利用できるエリアになる日は遠くないと思いますが、まだエリア外の地域があることも理解しておきましょう。

 

現時点での未対応エリアは下記のリンクから確認できます。

440Mbps未対応エリアの確認

 

未対応の地域は下り最大220Mbps(または110Mbps)での利用となります。

 

最大速度が440MbpsのWiMAX端末をお得に契約する方法

では、キャリアアグリゲーションと4×4mimoの技術を取り入れたWiMAXの最新端末はどこから契約するのが一番お得なのでしょうか?

 

まず最初に考えられるのがUQ WiMAXの公式ページから申込む方法ですが、これはおすすめできません。

なぜなら、公式ページからの申込みだと端末(ルーター)を実費購入しなければいけないからです。

さらに、WiMAXには特典でキャッシュバックが付くのですが、この金額も公式ページからの申込だとかなり安い金額です。

 

そこで利用したいのがプロバイダと呼ばれる販売代理店から申込み。

プロバイダは独自のキャンペーンを行っているので、端末が無料でもらえたり高額なキャッシュバックがつきます。

 

もちろんプロバイダから申込んでも通信エリアや速度などのサービス内容に違いはありません。

 

なので、WiMAXを申込む際は家電量販店や公式ページから申込むのではなく、高額なキャッシュバックを行っているプロバイダジから申込むのがおすすめです。

 

最高額のキャッシュバックを行っているプロバイダは?

僕が調べた限りで最高額のキャッシュバックを行っているプロバイダは「GMOとくとくBB」というプロバイダ。

キャッシュバック金額は月によって変動しますが、だいたい3万円前後のキャッシュバックを行っています。

 

この金額はWiMAXのキャンペーンの中でも最高値

しかも、GMOインターネット株式会社という東証一部上場企業が運営するプロバイダなので、利用するのにも安心感があります。

 

WiMAXを公式ページから申込むと3000円~15000円のキャッシュバック金額ですが、GMOとくとくBBは常に3万円前後のキャッシュバックなので、どちらがお得かは一目瞭然。

僕の周りにはWiMAX使っている友達が数人いるのですが、全員がGMOとくとくBBのキャンペーンを使って申込をしていました。

 

なので、あなたもWiMAXを申込む際にはGMOとくとくBBのキャンペ―ンを利用するのがおすすめです。