WiMAXのW04の特徴について詳しく知りたい。

W04とWX03の性能の違いがいまいち良く分からない。

 

そんな疑問を解決するために、取扱説明書よりも簡潔に分かりやすくSpeed Wi-Fi NEXT W04の特徴や性能を解説しました。

 

  • W04はどんな人に向いているのか?
  • また、W04よりもWX03の方が向いているのはどんな場合か?

 

そのあたりも詳しく解説していくので、WiMAXを契約する際の端末選びの参考にしてください。

 

W04を申込む場合は下記のGMOとくとくBBのキャンペーンを利用すれば業界最高値のキャッシュバック特典が適用になります。



W04のデザインと基本性能

まずはW04のデザインから。

W04はWiMAXの端末で始めてスティックタイプのデザインが採用されたルーター。

 

 

MP3プレーヤーのようにも見えますが、実物を手にとってみるとイメージしていたよりも「意外と大きいな」という印象を受けると思います。

ただ、デザイン自体はとてもシンプルでカッコよく、色もきれい。

W04はWi-Fiルーターというよりも、女性が持っていてもおしゃれに感じる小型家電といったイメージです。

 

そして、W04の基本性能を一覧にするとこんな感じ。

 

 機種 W04 WX03 W03
画像 w04g wx03 w03
メーカー HAUWEI(ファーウェイ) NEC HAUWEI(ファーウェイ)
サイズ・重量 約W53×H130×D14.2/約140g 約W99×H62×D13.2/約110g 約W120×H62×D11.4/約127g
連続通信時間 ・ハイパフォーマンス:約390分

・ノーマル:約540分

・バッテリーセーブ:約630分

・ハイパフォーマンス:約440分

・ノーマル:約600分

・バッテリーセーブ:約740分

・ハイパフォーマンス:約570分

・ノーマル:約610分

・バッテリーセーブ:約730分

連続待受時間 約850時間  約1100時間 約1040時間
最大通信速度 440Mbps 440Mbps 370Mbps
テザリング台数 10台  10台  10台
au LTE 利用可 使えない  利用可
bluetooth 利用可 利用可  使えない

 

バッテリーの容量が若干少ないですが、持ち運びができるWi-Fiルーターとしては十分合格点に達しています。

 

関連記事→W04のカラーはグリーンとホワイトどっちが人気?購入する時のおすすめの色は?

 

前作のW03から進化したのは?

W04の1つ前の機種がSpeed Wi-Fi NEXT W03。

このW03と比較して変わった点は下記の4つです。

 

  • WiMAX2+の最大速度が220Mbps→440Mbpsに拡大
  • Bluetoothテザリング機能の追加
  • NFC機能のON/OFFを選択できるように変更
  • 自動アップデート機能の追加

 

この中でもBluetoothが使えるようになったことと、最高速度が440Mbpsになったのは大きいですね。

後ほど詳しく見ていきますが、W04は普通に使用していても光回線並みの速度がでます。

 

こうなってくると、外出先で利用できてスマホのパケット代金が節約できるWiMAXが、光回線に取って代わる日が来るのも近いかもしれません。

 

W04のメリット

僕が思うW04のメリットはざっと上げるだけでもこれだけあります。

 

  • 下りの最大速度が速い
  • 上りの速度もW03の3倍に
  • Bluetooth接続が可能
  • Quick Charge 3.0に対応
  • USB3.0 TypeCに変更
  • SIMロックフリー

 

では、ここから詳しくW04のメリットや特徴を見ていきましょう。

 

下りの最大速度が速い

W04は『4×4MIMO』と『キャリアアグリケーション』という技術を使い、最大で440Mbpsの速度が出ます。

『4×4MIMO』というのは4本のアンテナを使って複数のデータを同時に通信する技術。

 

 

キャリアアグリケーションというのは、2つの電波を集約して利用する技術のことです。

 

簡単に言うと、「2つの電波をまとめて利用することで高速通信ができる。」ということですね。

 

イメージとしては今まで1車線だった道路を2車線にして、通行できる車の量を増やすというイメージ。

車をデータに置き換えれば、『4×4MIMO』と『キャリアアグリケーション』で通信速度が早くなる理由が分かると思います。

 

この技術が使われたことでW04の速度は飛躍的にアップ。

状況によってはウチで使っている光回線以上の速度が出ている人もいます。

 

 

100Mbps以上出るって凄くないですか?

これじゃあ、光回線の立場がありませんよね(笑)。

 

上りの速度もW03の3倍に

下りの速度だけでなく、W03で10Mbpsだった上りの通信速度がW04は最大で30Mbpsになっています。

 

上りと下りの違いはアップロードとダウンロードに置き換えれば分かりやすいのですが、下り(ダウンロード)は画像や動画をダウンロードする際の速度。

反対に上り(アップロード)はサーバー上に画像や動画を保存する時に必要となる速度のことです。

 

上りの速度が速いことで、クラウドへのデータ保存やYoutubeなどへの動画のアップがスムーズにできるようになります。

 

Bluetooth接続が可能

Bluetooth接続という言葉を聞いたことがあると思いますが、Bluetooth接続をすることにどんなメリットがあるか知っていますか?

 

BluetoothはWiMAXとスマホ(PC)を接続する際に使う接続方法なのですが、Wi-Fi接続に比べてバッテリーの消費電力を節約することができます。

通信速度はそこまで早くはありませんが、メールやLINEのやり取り、ネットサーフィンには十分なので、バッテリを節約したい時はBluetooth接続がおすすめです。

 

Quick Charge 3.0に対応

Quick Charge 3.0(クイックチャージ3)というのは急速充電の規格。

W04はQuick Charge 3.0に対応しているので、専用のアダプタ(別売り)を使えば急速充電が可能になります。

 

 

Quick Charge 3.0を利用すれば通常の充電の4倍の速さで充電ができるので、持ち歩くことの多いWiMAXには最適な機能です。

 

USB3.0 TypeCに変更

W04はUSB3.0 TypeCという最新のUSBに変更されています。

これはUSBの接続部の形が台形ではなく楕円形になっているタイプ。

 

画像は古いタイプのマイクロUSB

 

USB3.0 TypeCは今までのUSBより大きな電気が流せるので充電時間も短縮されます。

さらに新しいmacbookにも搭載されたことで、これからの主流になっていくUSBなので、今後は関連グッズがどんどん増えていくというメリットがあります。

 

関連記事→W04に充電器(クレードル)は必要?amazonで購入する時はtypeCのケーブルに注意!

 

SIMロックフリー

W04はSIMロックフリー端末なので、WiMAXを解約した後に格安SIMに差し替えて利用することができます。

WiMAXを利用するにはau回線の格安SIMを使う必要でmineoという格安SIMを利用するのがベストです。

 

mineoは僕も利用しているおすすめの格安SIMです。

関連記事→WiMAXルーターW03を格安SIMのmineo(マイネオ)で使う方法!

 

 

W04の3つのモードの使い分け

W04は下記の3つのモードを設定して利用する必要があります。

 

  • ハイパフォーマンスモード
  • ノーマルモード
  • バッテリーセーブモード

 

普段はバッテリー消費と通信速度のバランスの取れた『ノーマルモード』で大丈夫ですが、動画を観る時は『ハイパフォーマンスモード』に切り替えることで、高画質の動画もストレスなく視聴できるようになります。

 

逆に外出先でバッテリーの消費量を押さえたいという場合は、バッテリーセーブモードに設定しておきましょう。

 

ハイパフォーマンスモード

キャリアアグリゲーションと4×4MIMOを使用て高速通信を可能にするモード。

動画視聴などに向くがバッテリの消費量も多くなる。

 

ノーマルモード

電池残量が十分にある場合はキャリアアグリゲーションを使用し、電池残量が少なくなったキャリアアグリゲーションを停止するモード。

通信していない状態が一定の時間を継続したらパフォーマンスと電池のバランス自動で切り替えて調整してくれます。

 

バッテリーセーブモード

キャリアアグリゲーションを使用せずに、消費電力を抑えて電池を長持ちさせてくれるモードです。

 

W04のデメリット

ここまでw04のメリットを見てきましたが、W04にもデメリットがあります。

それはバッテリーの持続時間が短いこと。

 

 機種 W04 WX03 W03
画像 w04g wx03 w03
連続通信時間 ・ハイパフォーマンス:約390分

・ノーマル:約540分

・バッテリーセーブ:約630分

・ハイパフォーマンス:約440分

・ノーマル:約600分

・バッテリーセーブ:約740分

・ハイパフォーマンス:約570分

・ノーマル:約610分

・バッテリーセーブ:約730分

連続待受時間 約850時間  約1100時間 約1040時間

 

ライバル機種のWX03や前作のW03と比べると、連続待受時間と連続通信時間が短くなっているのが分かります。

なので、W04はこまめに充電する必要があることは理解しておきましょう。

 

そして充電忘れを防ぐ方法としてはクレードル(充電器)を一緒に購入しておくのがベスト。

W04の定位置を作っておくことで常に充電するクセがつくので、クレードルも一緒に購入しておくと便利です。

 

GMOとくとくBBのWEBキャンペーンから申込みをすれば、クレードルが無料でもらえる上に、高額なキャッシュバックもつくのでおすすめです。

 

 

WiMAXの速度制限(通信制限)について

WiMAXは3日で10GB以上利用すると通信制限がかかります。

ただ、3日で10GBというのは1日中ネットに接続している僕でも半月くらいでやっと消費する容量。

 

パソコンでのYoutube視聴だけに限ってもこれだけの時間の動画視聴が可能です。

 

 

さらにWiMAXは速度制限の基準が緩く、実際に規制される時間が『10GBを超えた日の翌日の18時から翌々日の2時まで』と、時間も短いのが特徴です。

 

 

WiMAXの通信制限を気にする人もいますが、3日で10GBというのはかなり余裕のある数字なので、そこまで通信制限を気にする必要はありません。

 

W04を他の人よりもお得に申込む方法

ここまでW04のメリットや特徴を解説してきました。

では、実際にW04を申込む場合はどうすれば1番お得になるのでしょうか?

 

それはGMOとくとくBBというプロバイダのWEB限定キャンペーンを利用することです。

実は、WiMAXのサービス提供元であるUQから申込みをすると端末が実費購入となり、特典のキャッシュバックも少額です。

 

一方、GMOとくとくBBのキャンペーンを使えば端末が無料になって3万円近いキャッシュバックも付きます。

こうなるとわざわざお金を出して端末を購入する必要はありませんよね?

 

WiMAXは本家のUQ以外にもBIGLOBEやSo-netというプロバイダが取り扱っていますが、GMOとくとくBBはネットのみの販売にこだわっているので、こういったプロバイダの中でもキャッシュバック金額が一番高額。

実際に僕の周りでWiMAXを使っている友達が4人いるのですが、全員がGMOとくとくBBで申込みをしています。

 

なので、W04を申込む場合はGMOとくとくBBのWEB限定キャンペーンを使って、賢く申込みをしましょう。

 

 

sanada