WiMAXのWX03とW04。

あなたはこの2つの端末のどちらを選べばいいか悩んでいますね?

 

実はWX03とW04には決定的な違いがあり、僕は断トツでWX03をおすすめしています。

 

それは何故か?

今回はその理由を分かりやすく解説していきます。

 

WiMAXを申込む場合は、下記のGMOとくとくBBのキャンペーンを利用すれば業界最高値のキャッシュバック特典が適用になります。



W04ってどんな端末?

まずはW04とはどんな端末なのかということについて。

 

W04はファーウェイというメーカーが発売しているWiMAXのモバイルルーター。

従来のルーターとは違い、縦型のスティックタイプのデザインが特徴です。

 

 

下りの最大速度が440Mbpsと光回線並みの速度で、スティック型デザインということでも人気があります。

僕も最初はおしゃれだし、色もきれいなのでいいな~と思っていました。

 

ただ、現在使っているW03よりもバッテリーの性能が悪くなり、連続待受時間がカタログ値で1週間程度短くなっています。

1週間のバッテリー差はかなりの違い・・・。

 

そこで僕は、今からWiMAXを契約する人にはWX03をおすすめしています。

 

WX03とW04の違い

まずはWX03とW04の基本的な性能を一覧で比較してみましょう。

今回は前機種であるW03も一緒に比較してみました。

 

 機種 W04 WX03 W03
画像 w04g wx03 w03
メーカー HAUWEI(ファーウェイ) NEC HAUWEI(ファーウェイ)
サイズ・重量 約W53×H130×D14.2/約140g 約W99×H62×D13.2/約110g 約W120×H62×D11.4/約127g
連続通信時間 ・ハイパフォーマンス:約390分

・ノーマル:約540分

・バッテリーセーブ:約630分

・ハイパフォーマンス:約440分

・ノーマル:約600分

・バッテリーセーブ:約740分

・ハイパフォーマンス:約570分

・ノーマル:約610分

・バッテリーセーブ:約730分

連続待受時間 約850時間  約1100時間 約1040時間
最大通信速度 440Mbps 440Mbps 370Mbps
テザリング台数 10台  10台  10台
au LTE 利用可 使えない  利用可
bluetooth 利用可 利用可  使えない

 

こうしてみるとW04は、連続通信時間と連続待受時間が短くなっていることが分かりますよね?

前作のW03の連続待受時間が1040時間なので、その差は190時間。

 

これを日にちに直すと1週間以上もW03の方が充電が長持ちする計算になります。

つまりW04はWX03や前作のW03と比べてバッテリーの性能が悪くなっているということです。

 

実際に僕はW03を使っていますが、ずっとネットに接続しっぱなしだと充電は半日くらいしか持ちません。

この状況でも少し不便なのに、それよりもバッテリーの持続時間が短くなると考えると、やっぱりW04はおすすめできません。

 

 

WiMAXは外で使うことがメインになるので外出先での電池切れは致命傷。

いざ使いたい時に使えないのでは意味が無いので、僕はバッテリーが少しでも長持ちするルーターをおすすめしています。

 

そう考えた時に速度も早くバッテリーの性能もいいのがWX03。

WX03は現時点で最強のルーターだと思っています。

 

WX03は何がいいの?

WX03をおすすめする理由は、第一にバッテリーの持続時間が長いこと。

そして、4×4MINOという4つのアンテナを使っているので電波が安定して速度が出やすくなっていることです(これはW04も同じ)。

 

この2つでWi-Fiルーターとしての基本的な性能を満たしていて、あとはタッチパネルが導入されたことで操作性が格段に良くなっています。

 

 

しかもW04は意外とルーターが大きくて重いのですが、WX03はコンパクトで持ち運びしやすいサイズと重量になっています。

 

WX03はドラクエで言えば勇者のような万能型のルーター。

クレードル(充電器)に電波を受信しやすくするアンテナが搭載されたことでも人気の1つですね。

(WX03のクレードルはすでに品薄状態で、amazonで値段が上がって販売されています)

 

関連記事→Speed Wi-Fi NEXT WX03のクレードルの効果は?

 

利用者の口コミ

そして実際にWX03を使っている人に「WX03を選んだ理由」を聞いた結果がこんな感じ。

(アンケートサイトで募集しました。)

 

  • 【マックスマックス 30代男性】見た目のデザインも現代的で性能も通信速度が高速だから。
  • 【tomo 20代男性】バッテリーの持ち時間が最も良い。ホワイトを選んだがデザインも良い。
  • 【あみママ 20代女性】色が気に入って買いました。
  • 【みーさん 20代女性】端末自体に液晶が付いており、充電の減り具合やデータの使用量が見れるためこの機種にしました。また、充電の持ちも良いと聞いたのでこちらの機種にしました。
  • 【えのき 10代女性】見た目がシンプルで見やすそうだったから選びました。

 

こうしてみると性別を問わず幅広い年代の人がWX03を選んでいることが分かりますね。

 

WX03を他の人よりもお得に申込む方法

ここまでW04よりもWX03をおすすめする理由を解説してきました。

では、実際にWX03を申込む場合はどうすれば1番お得になるのでしょうか?

 

それはGMOとくとくBBというプロバイダのWEB限定キャンペーンを利用することです。

実は、WiMAXのサービス提供元であるUQから申込みをすると端末(WX03)が実費購入となり、特典のキャッシュバックも少額です。

 

一方、GMOとくとくBBのキャンペーンを使えば端末が無料になって3万円近いキャッシュバックも付きます。

こうなるとわざわざお金を出して端末を購入する必要はありませんよね?

 

WiMAXは本家のUQ以外にもBIGLOBEやSo-netというプロバイダが取り扱っていますが、GMOとくとくBBはネットのみの販売にこだわっているので、こういったプロバイダの中でもキャッシュバック金額が一番高額。

実際に僕の周りでWiMAXを使っている友達が4人いるのですが、全員がGMOとくとくBBで申込みをしています。

 

WX03申込む場合はGMOとくとくBBのWEB限定キャンペーンを使って、賢く申込みをしましょう。

 

 

sanada