「WiMAXで使えるLTEって何?」

「通常のWiMAX2+の電波と何が違うの?」

 

WiMAXでは『ハイスピードプラスエリアモード(LTE)』が無料で使えるようになっているのですが、果たしてLTEはどんな時に使えば良いのでしょうか?

そして通常の『WiMAX2+』の電波とは何が違うのでしょうか?

 

今回はWiMAXのLTEオプションについて詳しく解説します。

今回の記事を読んで頂ければ電波の違いがハッキリ分かって上手な使い分けができるようになります。

 

これからWiMAXを購入しようと思っている方は参考にしてみてください。

 

WiMAXを申込む場合は、下記のGMOとくとくBBのキャンペーンを利用すれば業界最高値のキャッシュバック特典が適用になります。



そもそもLTEオプションって何?

WiMAXは「WiMAX2+」という名前の電波を使ってインターネットに接続するサービスです。

そして、この「WiMAX2+」という電波の他に「au 4G  LTE」というauのスマホに使われている電波も利用することができるようになっています。

 

この2種類の電波を使った接続方法は

 

  • WiMAX2+を使った通信→ハイスピードモード
  • 4G LTEを使った通信→ハイスピードプラスエリアモード

 

と呼ばれています。

ざっくり言うと、WiMAXの端末では『WiMAX2+』と『LTE』の2種類の電波を切り替えてWi-Fiを使うことができる訳です。

 

では、この2種類の電波はどのように使い分ければ良いのでしょうか?

次の項では『WiMAX2+』と『LTE』のメリットとデメリットをみていきましょう。

 

『WiMAX2+』と『LTE』のメリットとデメリット

『WiMAX2+』はデータ通信専用の電波で、通信速度が速いのが特徴です。

そのためWiMAXの通信をする時のメインの電波になります。

 

デメリットは建物内や地下鉄、窓から離れた場所では電波が入りづらくなること。

一言で言えば『WiMAX2+は通信速度は速いけど建物内で繋がりにくい電波』です。

 

一方『LTE』はauのスマホで使われている電波のことです。

スマホは移動しながら使うことが前提なので、建物内や地下鉄、電車での移動中でも通信が途切れにくいという特徴があります。

 

そして、人口カバー率が99%なので山間部のような田舎でも電波が入ります。

 

 

簡単に言うと、『LTEは通信速度はWiMAX2+に劣るけど、電波が途切れにくく建物内や移動に強い電波』だと言えます。

 

普段はどうやって使い分けたらいいの?

では、この2つの電波はどのように使い分ければ良いのでしょうか?

 

結論からお伝えすると、普段使用する場合の9割は『WiMAX2+』を使ったハイスピードモードにしておけば問題ありません。

そして地下鉄や新幹線で移動する時だけ『LTE』にして利用しましょう。

 

 

先ほどもお伝えしたように、『WiMAX2+』は建物内や移動中には電波が繋がりにくいという特徴があります。

そのため地下鉄や新幹線では電波が入りにくいです。

 

なのでこの時だけ『LTE』にしておけばOK。

そうすることで移動中でも動画を見たりゲームをしたりできるので、ストレスなくネットが使えます。

 

LTEはWiMAX2+の電波が入らないような山間部や田舎に行った時の保険のような電波だと思ってください。

 

WiMAXを公式ページよりお得に申込む方法

ここまでの解説でLTEオプションの使い方が理解していただけたと思います。

そこで最後にWiMAXを公式ページよりお得に申し込む方法について解説します。

 

WiMAXは公式サイトから申込をすると、お金を出して端末を購入しないといけません。

しかしGMOとくとくBBというプロバイダが行っているWEBキャンペーンから申込をすれば端末は無料でもらえます。

 

さらに月額料金が公式ページから申込むよりも安く、3万円を超えるキャッシュバックも付きます。

 

公式ページだとキャッシュバックは最大でも1万円。

なので、WEBキャンペーンを使っても申込む方が断然お得です。

 

プロバイダというのはWiMAXの申込窓口のようなもので、とくとくBBから申込んでもエリアや通信速度は変わりません。

なので、これからWiMAXを申込む場合はこのWEBキャンペーンを利用するのがおすすめです。