ライバル機種であるW04が発売されても根強い人気を誇るWX03。

その人気は実際の利用者の口コミを見れば良く分かります。

 

クレードル(充電器)に拡張アンテナがついたことでも話題を集めているWX03ですが、実際にその効果はどうなのか?

そのあたりも含めて、実際の利用者の口コミや評判をみていきましょう。

 

現在WX03は、下記のGMOとくとくBBで「高額キャッシュバック+クレードル無料プレゼント」というキャンペーンが行われています。




WX03は買いなのか?

WX03の詳細を見ていく前に、WX03は性能的におすすめできる端末なのかどうかということについて。

これはこの後の比較でも詳しくお伝えしますが、スペック的には間違いなく「買い」の端末です。

 

その理由は最高通信速度やバッテリーの容量(待ち受け時間)が優れていて、アンテナ付きのクレードルやbluetooth接続といったオプション機能も充実しているから。

 

同じ状況で他の端末との使用状況を比較ても、十分満足できる結果が得られるはずです。

では、その理由をもう少し詳しく見ていきましょう。

 

他の機種とのスペック比較

まずは現在のWiMAXの代表的な機種であるwx03とW04、W03の基本スペックを比較しておきましょう。

 

 機種 W04 WX03 W03
画像 w04g wx03 w03
メーカー HAUWEI(ファーウェイ) NEC HAUWEI(ファーウェイ)
サイズ・重量 約W53×H130×D14.2/約140g 約W99×H62×D13.2/約110g 約W120×H62×D11.4/約127g
連続通信時間 ・ハイパフォーマンス:約390分

・ノーマル:約540分

・バッテリーセーブ:約630分

・ハイパフォーマンス:約440分

・ノーマル:約600分

・バッテリーセーブ:約740分

・ハイパフォーマンス:約570分

・ノーマル:約610分

・バッテリーセーブ:約730分

連続待受時間 約850時間  約1100時間 約1040時間
最大通信速度 440Mbps 440Mbps 370Mbps
テザリング台数 10台  10台  10台
au LTE 利用可 使えない  利用可
bluetooth 利用可 利用可  使えない

 

表を見ると、最大速度や連続待受時間(バッテリーの持続時間)など、基本的なスペックにおいてWX03が優れていることが分かります。

 

つまりカタログ上の数字でみると、バランスが取れていて一番性能がいいのがWX03。

上の表にはありませんが、クレードル(充電器)に電波を拾いやすくするためのアンテナが付いているというのも付加価値として大きな魅力です。

 

 

WX03のおすすめポイント4つ

WX03のおすすめポイントは

 

  • 現時点での下りの最高速度が最速
  • クレードル(充電器)のアンテナが優秀
  • タッチパネルで操作しやすい
  • バッテリーの持ちが長い

 

という4つです。

 

これらの理由からWX03は現時点で最もおすすめできる端末だといえます。

 

 

下りの最高速度が最速

WX03は4×4MIMO(マイモ)とCA(キャリアアグリケーション)という技術を使って最大速度440Mbpsの高速化を実現しています。

この技術を簡単に説明すると、WX03の本体に4本のアンテナを内蔵して電波を受信し、受信した電波を合わせて利用することで速度が出やすくしたものです。

 

現在、440Mbpsのエリアは一部に限られていますが、そう遠くないうちに全国的な広がりをみせることは間違いないので、今のうちにWX03を選んでおくことは賢い選択だといえます。

 

440Mbpsという速度は現時点のWiMAXのポケットルーターの中で最速。

これから先のことを考えても、安心して利用できる端末です。

 

クレードル(充電器)のアンテナが秀逸

WiMAXは室内で電波が入りにくいという特性があるのですが、それを解消してくれるのがWX03のクレードルにのみ搭載されている専用アンテナ。

 

このアンテナがあることで、室内でも電波を受信しやすくなります。

 

関連記事→Speed Wi-Fi NEXT WX03のクレードルの効果は?充電器は必要?

 

弱電界(アンテナ1,2本)の場所であれば、アンテナ本数が増える場合があります。

Wi-Fi側も端末側にてアンテナ本数が少なければ増える場合があります。

結果として装置単体に比較して20%程度スループットが向上します。(弊社測定環境にて)

UQコミュニケーションズのHPより引用

 

このアンテナは画期的な装備なので、室内利用が多い場合はクレードルも一緒に購入しておくのがおすすめです。

その際は、通常別売りのクレードルが無料でもらえて、キャッシュバックも付くWEB限定キャンペーンがあるので、このキャンペーンを利用してWX03を申込むようにしましょう。

 

 

タッチパネルで操作がしやすくなった

WX03から導入されたタッチパネル。

このタッチパネルがあることでWX03は画面操作がしやすい端末になっています。

 

僕は1つ前のWX02という端末を使ったことがあるのですが、これはボタンや画面が小さくて本当に操作がしにくかったです。

 

 

利用パケット量を調べたり設定を変更する際にはどうしても画面操作をすることになるのですが、WX03のタッチパネルであればストレスなく利用することができます。

 

バッテリーの持ち

個人的に一番大きい理由がこのバッテリーの持続時間の長さ。

連続待受時間が短い端末だと、いざネットにつなごうと思った時に充電切れなんてことがよくあります。

 

僕はこまめにスマホを充電するのが苦手なタイプなので、この連続待ち受時間はながければ長いほどいいと思っています。

WX03は高性能でありながらも、できるだけバッテリーの消耗を抑えているので、連続待受時間や連続通信時間もトップクラスのものになっています。

 

ここまで紹介した4つが、WX03をおすすめする主な理由になります。

 

では、カタログ上の数字だけではなく実際の利用者の口コミはどうなのか?

いい評判(メリット)と悪い評判(デメリット)に分けて見ていきましょう。

 

利用者の口コミ

いい評判

悪い評判

 

ツイッター上にあるWX03の口コミと評判をまとめてみましたが、「速度が速くなった」「使い心地がいい」といった、比較的いい評判が目立ちます。

 

一方、悪い口コミは、「以前使っていた機種と変わらない」「途中で切れて使えなくなる」と言ったものがありました。

後者に関しては端末の初期不良の可能性があるので何とも言えませんが、以前の端末と変わらないというのは、そこまで大きな差がないだけで、使用には問題がないという感じです。

 

そう考えると、WX03は端末として十分合格点にあることが分かります。

実際に僕の知人もWX03にして、ネット接続でストレスを感じることが無くなったと言っていました。

 

それほどWX03の速度には定評があります。

 

WX03のクレードルアンテナの評判と口コミ

では次にクレードルのアンテナの効果について口コミをみていきましょう。

 

 

クレードルに関しては速度に差はあるものの、装着すれば一定の効果は出ているようです。

下記の記事で詳しく述べていますが、WX03を部屋で使うことがあるのであればクレードルは必須です。

 

関連記事→Speed Wi-Fi NEXT WX03のクレードルの効果は?充電器は必要?

 

充電器にアンテナをつけるというはWX03独特の発想で、実際にクレードルの人気も高いです。

ただでさえWiMAXのクレードルは品切れになりやすいので、WX03を購入する場合にはクレードルも一緒に購入しておくのがおすすめです。

 

GMOとくとくBBというプロバイダからの申込であれば、WX03の端末が無料になるだけでなく、クレードルも無料でもらえるのでこのキャンペーンを利用するのがおすすめです。

WWX03の端末とクレードルが無料になるキャンペーンはコチラ

まとめ

WX03の口コミをみてもいい口コミが多く、評判は上々です。

WiMAXのルーターとしては現時点で最高速度や連続待受時間もトップレベルなので、スペック的にも問題はありません。

 

おそらく速度面で不便を感じることは少ないと思いますが、自宅での使用がメインとなる場合は、一緒にアンテナ付きのクレードルを購入しておくのがおすすめです。

 

では、WX03をお得に手に入れるにはどうすればいいのか?

それは、GMOとくとくBBというプロバイダのWEB限定キャンペーンを適用させて申込むのがベストです。

 

実は、WiMAXのサービス提供元であるUQから申込みをすると、費用を払って端末を購入しなければいけなくなります。

もちろん、クレードルもオプション品として購入することになります。

 

しかし、GMOとくとくBBでは、端末とクレードルが無料でもらえる上に、高額なキャッシュバックが付くWEBキャンペーンを行っています。

 



 

ここまでのキャッシュバックができるのは、とくとくBBがネットのみの販売にこだわっているから。

実店舗の運営にかかる人件費や広告費を削減して、その分をキャッシュバックとして還元しているという訳です。

 

そのため、WiMAXは本家のUQ以外にもBIGLOBEやSo-netというプロバイダが取り扱っていますが、こういったプロバイダの中でもGMOとくとくBBのキャッシュバック金額は一番高額です。

 

なので、WiMAXを利用する場合はとくとくBBのWEB限定キャンペーンを使って、賢く申込みをしましょう。

 

 

sanada