これから1人暮らしを始めようと思っているあなた。(唐突)

もしかして自宅のインターネット回線を光回線にしようと思っていませんか?

 

僕自身が経験して分かったのですが、ハッキリ言って1人暮らしに光回線は必要ありません。

日中は仕事や学校で家を留守にして、夜は遊びや飲み会・・・。

実は家にいる時間って意外と短いんです。

 

なので、家の中でしか使えない光回線よりも、外出先でも使えるWiMAXを利用した方がスマホ代の節約にもなります。

今回は1人暮らしのネット代を節約する方法を解説していくので、インターネット回線選びの参考にしてみてください。

 

1人暮らしのインターネットにおすすめなのはWiMAX。持ち運びができて外出先で使えるのでスマホ代が節約できます。



光回線のデメリット

僕が1人暮らしに光回線が必要ないと思うのは以下の5つの理由。

 

  • 開通までに1か月近くかかる
  • 月額料金が高い
  • 工事料金が高額
  • 外出先で利用できない
  • 引越しなどで違約金がかかる

 

これから詳しく説明していきますが、今はポケットWi-Fiの性能が良くなってきているので、わざわざ光回線を契約する必要がないというのが本当のところです。

 

光回線は開通までに1か月近くかかる

おそらく光回線の1番のネックがコレ。

光回線は申込みをしてから開通するまでに1か月かかり、さらに開通工事に立ち会わなければいけない場合があるのでとにかく不便です。

 

1人暮らしで最もネットが必要になるのは引越ししたばかりの時期。

ガスや電気の利用開始申請、役所での手続きなど調べることが多いので、そんな時にパソコンがネットに繋げなければ意味がないですよね?

 

WiMAXであれば申込みをして2~3日で届くので、ネットが使えない期間というのがありません。

 

外出先で利用できない

当たり前の話ですが、光回線は自宅でインターネットに接続するため回線なので外出先で利用する事はできません。

なので、会社や学校、通勤の電車の中でスマホを使っていると、結局パケット代が別にかかってしまいます。

 

しかしWiMAXであれば、持ち運びができるので外出先でも利用が可能。

キャンプやドライブに行った時にも、WiMAXを使ってYoutubeの動画ずっと流しておくことができるので本当に便利でした。

 

さらに、WiMAXを使えば友達と同時にネットに接続する事もできるので、結構感謝されます(笑)。

 

工事料金が高額

光回線で大きな負担となるのが回線の工事費。

これもサービスによって異なりますが、1万円以上はかかります。

 

何と言っても1人暮らしには工事費の負担が大きいですよね?

分割で支払うようにはなっているものの、NTTのマンションタイプの初期工事費で15,000円。

 

それであれば回線工事費の必要ないWiMAXの方が断然利用しやすいです。

 

月額料金が高い

光回線のデメリットは何と言っても月額料金が高い事。

マンションか戸建アパートかによっても違いますが、4,000円~6,500円くらいかかります(フレッツ光の目安)。

 

部屋数の多いマンションだと割引があって安くなる場合もありますが、基本的には4,700円~5,500円くらいです。

それがWiMAXだと下記の料金で利用可能になります。

 

7GBプラン ギガ放題
WiMAX月額料金 3,696円 4,380円

※UQコミュニケーションズで契約した場合の料金

 

どうですか?かなり利用しやすい金額ではないですか?

もちろん外出先でも使えるので、スマホのネット通信もWiMAXを利用すればパケットプランは最小のものでOKです。

 

常に家に誰かいるような状況であれば光回線もいいと思いますが、1人暮らしであればWiMAXで充分です。

 

引越しなどで違約金がかかる

光回線を使うことで一番のリスクになるのが2年以内に再度引越しをすることになった場合。

光回線は基本的に2年間の最低利用期間が設けられているので、再度引越しをすることになった場合には違約金が発生する可能性があります。

 

これはWiMAXでも同じなのですが、WiMAXは引越し先でもそのまま利用する事が可能です。

1人暮らしの場合は就職や結婚で、再び引越しをする可能性が高いですよね?

 

そんな時に光回線の違約金が負担にならないように、この点は最も注意しておきたいポイントです。

 

WiMAXってどんなサービス?

WiMAXというのは無線LANサービスの事。

『ルーター』と呼ばれる小さな機器を持っていれば、Wi-Fi(無線LAN)でパソコンやスマホをネットに接続できるというものです。

 

Wifiルーター(ポケットWifi)はクレジットカードをひと回り大きくしたようなサイズ。

 

 

WiMAXを経由してインターネットに接続すれば、パソコンとスマホのインターネット接続を一本化できるので、かなり経済的です。

 

通信速度と安定度

では気になる通信速度や安定性はどうなのか?

最近のWiMAXはかなり進化しているので、かなりの通信速度が出ます。

 

安定度という面ではまだまだ光回線の方が上ですが、それはオンラインゲームをする時の話。

普通に動画を観たりネットサーフィンをするだけならWiMAXで充分です。

 

3日間で10GB以上利用すると一時的な通信制限(容量を超えた翌日の18時~深夜2時)がありますが、3日で10GBというのは簡単にオーバーするような容量ではありません。

また、通信制限にかかったとしても1Mbpsというゆる~い規制。

普通が質の動画が観れる程度のものなので、あまり心配はいりません。

 

タイプ別のおすすめ

ここまで光回線とWiMAXを比較してきましたが、全員が全員WiMAXが向いているという訳ではありません。

そこで、どちらの方がメリットがあるのか、タイプ別におすすめを分けてみました。

 

光回線向きの人

まず、あなたが毎日オンラインゲームをしたりYoutubeを長時間観るといったヘビーユーザーの場合は光回線一択です。

 

ゲームや動画はデータ通信量が大きいので、WiMAXだと通信制限がかかります。

その他にも、Skypeのビデオ通話を使ったり、仕事で大容量のファイルをダウンロードする必要があるという場合も光回線を契約しておいた方が間違いありません。

 

通信速度の速さや安定性に関してはやはり光回線のほうが優れているので、この辺りを求めるのであれば光回線を申込むようにしましょう。

 

あなたが関東圏に住んでいるのであれば、世界最速として話題のNURO光がおすすめです。

 

WiMAX向きの人

WiMAXをおすすめするのは、あまり動画を観たりオンラインゲームをしないというライトユーザーの場合。

ネットサーフィンをしたりブログを更新したりということが中心であれば、あまりデータ量を必要としないのでWiMAXで充分です。

 

WiMAXを公式ページよりも安く契約する方法

WiMAXは公式ページから申込みをするよりも、GMOとくとくBBのキャンペーンを利用した方がお得になります。

その理由は3万円を超えるキャッシュバックが付くから。

 

GMOとくとくBBは業界最高値のキャッシュバックを行っているので、実質の利用料金がかなり安く抑えられます。

今月のキャッシュバック金額は下記の通り。



どうですか?

3万円のキャッシュバックというのは魅力的ではないですか?

 

公式ページから申込みをすると、キャッシュバックが安くなるばかりか、端末も実費で購入しなければいけなくなるのでおすすめはできません。

GMOとくとくBBのキャッシュバック額は業界でも最高値なので、WiMAXを申込むならこのキャンペーンをおすすめします。

 

まとめ

1人暮らしのインターネット回線はすぐに開通して工事費もかからないWiMAXがおすすめ。

光回線だと高額な工事費がかかり、開通するまでに1か月もかかるので、インターネット代を節約して気軽に利用したいという人には向きません。

 

それよりも外出先で利用できて、友達も一緒にネットに繋げるようになるWiMAXの方が使い勝手がいいです。

下記のキャンペーンを利用すればキャッシュバックが適用されるので、公式ページよりもお得になります。