普段はWiMAXに関する事を書いているのですが、今日は動画で衝撃的な出会いをしてしまったLi-sa-Xのことについて書いていきます。

 

「Li-sa-X」は「りーさーX(エックス)」と読むのですが、これは11歳で超絶なギターテクニックを持つ女の子の名前。

僕はジャパンネットバンクのCMで初めてりーさーXちゃんを知ったのですが、正直、このギターテクニックには驚愕しました。

 

まずはLi-sa-Xの超絶テク動画を観てくれ

その動画がこれ。

最初は静かな子守唄ですが、途中から壮大なロックギターへと変貌していきます。

 

 

大人であればこれくらいのギターを弾く人は沢山いますが、りーさーXちゃんはまだ12歳。

12歳と言えば、手も完全に成長して大きくなっていない状態なので、それでこの演奏となると、将来、B’zの松本さんや布袋の兄貴と同じステージに立てるんじゃないかとすら思わされます。

 

「F」のコードが押さえられたことに満足してフェードアウトした僕からすると、手の小ささや関節の硬さを言い訳にしていた自分が恥ずかしい・・・・。

 

しかもジャパンネットバンクのCMは、キャッシュカードをピック代わりにしてギターを弾いているという手加減具合。

実際にガチでギーターを弾いている動画を観てると、呆気にとられてしまいます。

 

 

ギタリストの父親の英才教育

そして、とても楽しそうにギターを演奏するりーさーXちゃん。

ポール・ギルバートのファンで、りーさーXという名前もポールのバンド名から取っているようですが、これはまさしく、ご両親の影響でしょうね。

 

りーさーXちゃんは、お父さんはがギタリストということもあり、その影響で5歳からギターを始めたそうですが、僕はここまで娘を育て上げたお父さんの教える力のほうに興味があります。

 

正直、両親が子供に与える影響って本当にでかい。

弟も一緒にギターを弾いて、お母さんがピアノを弾いている動画もあるので、りーさーXちゃんの家庭はガチの音楽一家なんでしょうね。

 

 

とはいっても、飽きっぽい子供をここまでのギタリストに育てるには、無理やり詰め込む教え方だけでは上手くいかないはず。

まずはギターを弾くことを好きにならないと絶対にここまで成長はしません。

 

小さな頃から音楽や楽器(ギター)に触れさせて興味をもたせ、両親がきちんと英才教育を施すという絶妙なバランスがあって、ここまでの超絶テクを身に着けた子供になるんだと思います。

 

弟や母親もすごかった

そして、姉が当たり前のようにギターを弾いている光景を見て、自分も弾けて当たり前だとばかりに演奏する弟。

エリート家庭はこうやって、個々のレベルが上っていくんですね。

 

しかしそうなると、ギタリストと言われているりーさーXちゃんの父親が誰なのか気になりますよね~。

スタジオミュージシャンなのか、ライブのバックバンドで演奏している人なのか?

 

はたまた、趣味で演奏している人なのか、有名なバンドのメンバーなのか?

りーさーXちゃんや弟の本名などを含めて詳しいことは公開されていませんが、12歳の娘をここまでのギタリストに育てるということはご自身のテクニックはもとより、人に教える力にも長けた人なのは間違いありません。

 

僕はこのお父さんに、どんな風に子供にギターに興味を持たせて、どんなふうな教え方をしていったのかということを聞いてみたいっです。

 

まあ、亀田家のお父さんのようなメッチャ厳しいパターンじゃなければの話ですが・・・(笑)。

 

ところで、Li-sa-Xちゃん(ここではアーティスト表記)はポール・ギルバートからビデオメッセージも送られるほどになり、アルバムも発売するようです。

個人的には1stアルバムに収録されているドラゴンボールZのテーマ曲「CHA-LA HEAD-CHA-LA」を演奏しているのが激アツ。

 

何かLi-sa-Xちゃんは、近い将来大ブレイクしてメチャクチャ有名なギタリストになりそうな気がします。

 

最後に不思議と元気になるおすすめの動画

最後に、この楽しそうに演奏する姿をみて、久しぶりにこのドラム少女を思い出してしましました。

「音楽」の音を楽しむとはこういうことを言うんだなと感じさせてくれる動画です。

 

 

この動画はメチャクチャ元気をもらるので、疲れたときなどにおすすめです。

 

今回はWiMAXや格安SIMとは全く関係なくなったけど、個人的に衝撃的な動画だったので取り上げてみました。

 

sanada