新しく発売されたSpeed Wi-Fi NEXT W04。

スリムなスティク型にデザインが変更され、bluetooth接続が可能になるなど、前作のW03と比べると大きく変化しています。

 

ただ、W04はW03と比較してスペックや性能の全てが良くなった訳ではありません。

では、どんな部分がW03よりも悪くなってしまったのか?

 

今回はW04とW03の違いを見ていきましょう。

そうすることで、自分にピッタリの機種が分かります。

 

現在W04、W03の両端末は、下記のGMOとくとくBBから申込めば「端末無料プレゼント+最高値のキャッシュバック」というキャンペーンを行っています。



W04のおすすめできる点と、W03の方が優れている点

まず、W04がW03よりも進化した部分は、

 

  • 4×4MIMO CAに対応して、下りの最高速度が370Mbps→440Mbpsにアップした。
  • bluetooth接続が利用できるようになった。

 

という2点。

 

逆に、W03の方が優れていた点が、

 

  • バッテリーのもち時間が長い。
  • 連続通信時間が長い。

 

という2点です。

 

一応、表にまとめると下記のような感じですが、まず、W04の優れている点から詳しくみていきましょう。

 

 機種 W04 W03
画像 w04g  w03
メーカー HAUWEI(ファーウェイ) HAUWEI(ファーウェイ)
サイズ・重量 約W53×H130×D14.2/約140g 約W120×H62×D11.4/約127g
連続通信時間 ・ハイパフォーマンス:約390分

・ノーマル:約540分

・バッテリーセーブ:約630分

・ハイパフォーマンス:約570分

・ノーマル:約610分

・バッテリーセーブ:約730分

連続待受時間 約850時間 約1040時間
最大通信速度 440Mbps 370Mbps
テザリング台数 10台  10台
au LTE 利用可  利用可
bluetooth 利用可  使えない

 

W04がW03よりもおすすめできる点

W04がW03よりも優れている点は下記の3つ。

 

  • 下りの最高速度が2倍になった
  • 市街地でも電波が入りやすい
  • bluetooth接続ができる

 

特に市街地での電波の入りやすさと、最高速度が2倍になったという部分は大きく進化しています。

 

 

では、この部分を詳しく見ていきましょう。

 

4×4MIMOの採用で最高通信速度が速くなった

まずは何と言っても下りの最高速度が速くなったこと。

最高速度が速くなったということは、通常時のスピードも期待ができます。

 

今回、W04の最高速度がアップしたのは4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)という技術を取り入れたから。

4×4MIMOというのは、電波を発信するアンテナと、受信する端末に4本のアンテナを搭載して通信速度を上げる技術のことです。

 

4本のアンテナを使うので、1本のアンテナでやり取りできるデータ量よりも沢山のデータを送受信できるようになります。

つまり、W04のあの小さい端末の中には4本のアンテナが搭載されている訳なんですね。

 

44mimo

 

しかも、W03の最高370Mbpsというのは、WiMAXとLTEという電波を組み合わせた速度。

LTEの利用には別途オプション料金がかかるので、実際は220MbpsというのがW03の最高速度でした。

 

つまり、W04はW03と比べて最高速度が2倍になっているので、この差はかなり大きいです。

 

市街地で電波が入りやすい

WiMAXの電波は建物の間などでは弱いと言われますが、4×4MIMO(フォーバイフォーマイモ)は建物の多い場所でも比較的電波が届きやすくなります。

 

その理由は建物に反射した電波をしっかりと受信してくれるから。

 

都市部で利用することが多いという場合には、電波がつながりやすいW04はおすすめです。

 

bluetooth接続ができる

bluetooth接続というのは無線LANの接続方法の1つ。

 

bluetooth接続の何がいいかというと、通常のWi-Fi接続よりも消費電力が少なくて済みます。

つまり、バッテリーの持ちがよくなるという訳ですね。

 

bluetooth接続は通信速度が遅いので動画視聴などには向きませんが、メールの送受信やWEBページの閲覧くらいであれば問題はありません。

 

 

 

W03の方が優れている点

逆に新型のW04よりも旧型のW03の方が優れている点。

それはバッテリーの持続時間の長さです。

 

もちろん、バッテリーの持続時間が長いだけネットに接続し続けられる時間も長くなります。

連続待受時間(電源だけを入れた状態)を例に挙げると、約200時間もW03の方が長持ち。

 

つまり200時間÷24時間で、約8日もW03の方がバッテリーが長持ちすることが分かります。

 

もしあなたが、「よくスマホの充電切らしてしまう・・・。」というタイプであれば、充電する頻度が少なくて済むW03がおすすめです。

 

僕は実際にW03を使っていますが、3日中接続しっぱなしだと充電が持つのは半日くらい。

これより短くなると充電が面倒になるので、パソコンを接続している時間が長いという場合はW03がおすすめです。

 

 

W04とW03のタイプ別おすすめ

こうしてみてみると、W04は建物が多い都市部で利用することが多く、bluetooth接続もしたいという人向け。

逆にW03は、こまめに充電するのが面倒なので、少しでもバッテリーの持ちが長いほうがいいという人向けです。

 

ただ、どちらの端末も速度がおそすぎて困る(場所にもよりますが・・・)、充電がすぐなくなって困るということはなく、Wi-Fiルーターとしての合格点は十分に満たしています。

なので、あまり性能やスペックにこだわりすぎずに、自分の好きなデザインで決めてしまうというのも全然ありです。

 

室内でWiMAXを利用することが多いという場合は、クレードルに電波を拾いやすくするアンテナの付いているWX03という機種が個人的にはおすすめなので、興味があれば下記の記事を参考にしてみて下さい。

関連記事→SPEED Wi-Fi NEXT W04とWX03のスペック比較!性能の違いとは?

 

WiMAXを最安値で申し込む方法

W04やW03を最安値で手に入れるにはGMOとくとくBBからの申込みがベスト。

WiMAXのサービス提供元であるUQから申込みをすると、キャッシュバック金額が少ないうえに端末も購入しなければいけなくなります。

 

わざわざお金を出して端末を購入するのはもったいないですよね?

 

それに比べてGMOとくとくBBは端末が無料+3万円を超えるキャッシュバック付き。

常時、3万円前後のキャッシュバックを行なっています

 

ここまでのキャッシュバックができるのは、とくとくBBがネットのみの販売にこだわっているから。

実店舗の運営にかかる人件費や広告費を削減して、その分をキャッシュバックとして還元しているという訳です。

 

WiMAXは本家のUQ以外にもBIGLOBEやSo-netというプロバイダが取り扱っていますが、こういったプロバイダの中でもGMOとくとくBBのキャッシュバック金額は一番高額です。

実際に僕の周りでWiMAXを使っている人もほとんどがGMOとくとくBBから申込みをしています。

 

なので、WiMAXを利用する場合はとくとくBBのWEB限定キャンペーンを使って、賢く申込みをしましょう。

 

 

キャンペーン情報