WiMAXのルーターをW04とWX03のどっちにしようか悩んでいませんか?

どちらもデザインがカッコ良いので、端末選びには迷ってしまいますよね?

 

実は、SPEED Wi-Fi NEXT W04とWX03には、大きな違いがあります。

この違いを理解しておけば、W03にするかW04にするかの選択は簡単。

 

今回は、どちらの端末がおすすめなのか分かりやすく比較していくので、参考にしてみて下さい。

 

WiMAXを申込む際には下記のGMOとくとくBBのキャンペーンを利用すると、「クレードル無料プレゼント+キャッシュバック」というお得な特典が適用されます。



W04とWX03の比較

W04とWX03の大きな違いは何なのか?

まず、この点をハッキリさせておきましょう。

 

次の表はW04とWX03、そしてW03の違いを一覧にして比較したものです。

 

 機種 W04 WX03
画像 w04g wx03
メーカー HAUWEI NEC
サイズ 53×130×14.2 99×62×13.2
重さ 約140g 約110g
連続通信時間 ・ハイパフォーマンス:約390分

・ノーマル:約540分

・バッテリーセーブ:約630分

・ハイパフォーマンス:約440分

・ノーマル:約600分

・バッテリーセーブ:約740分

連続待受時間 約850時間  約1100時間
最大通信速度 708Mbps 440Mbps
テザリング台数 10台  10台
au LTE 利用可 使えない
bluetooth 利用可 利用可

こうしてみると、1番大きな違いは最大通信速度とバッテリーの持続時間です。

W04の方が最大通信速度が速く、WX03の方が充電が長持ちします。

 

W04は最大通信速度が708Mbps

WX03は440Mbpsです。

 

一方、バッテリの持続時間(連続待受時間)はW04が850時間なのに対して、WX03は1100時間

一週間以上も充電が長持ちする計算になります。

 

なので、通信速度重視派はW04

バッテリーの持ち重視派はWX03を選ぶのがベストです。

 

 

W04のメリットとデメリット

W04は発売された当時の最高速度は440MbpsでWX03と同じでした。

しかし、アップデートが行われて東京、大阪、名古屋の一部エリアで708Mbpsの速度が出るようになりました。

 

このエリアは徐々に広がっていくので、先を見据えると、速度的にはW04が有利です。

ただ、高速通信をする場合にはハイパフォーマンスモードで利用する必要があり、それだと390分(6時間30分)しか連続で通信できません。

 

コレだと半日持たないので、仕事などで長い時間ネットに繋いでおく必要があるという場合はWX03の方がおすすめです。

 

WX03のメリットとデメリット

WX03の最大通信速度は440Mbps。

W04の708Mbpsと比べると、かなりの差があります。

 

ただWX03は、最大通信速では負けているもの、連続待受時間が1100時間とW04よりも一週間以上充電が長持ちします。

さらにノーマルモードで連続通信した場合も1時間長持ち。

 

こまめに充電するのが面倒という人は、WX03の方が向いています。

 

 

タイプ別 W04とWX03の選び方

何となくW04とWX03の違いは分かりましたか?

「結局どっちがいいの?」って混乱しているかもしれないので、タイプ別におすすめの端末を分けてみましょう。

 

W04が向いている人

まずはW04に向いている人。

 

  • 学校やバイトの休憩時間など、ネットに繋ぐ時間自体は短い。
  • 動画を見たりネットゲームをしたりすることが多い。
  • いつでも充電できる環境にある。
  • スマホをこまめに充電するクセがついている

 

など、主婦や学生、ネットのライトユーザーはW04がおすすめです。

これから708Mbpsで利用できるエリアが広がっていくことを考えても、W04にしておいた方が安心です。

 

WX03が向いている人

続いてWX03の方が向いている人はこんな感じ。

 

  • 仕事で長時間ネットに接続していることが多い
  • メールやLINEなど通信速度が遅くても問題のないやり取りが多い。
  • こまめな充電は面倒なので少しでもバッテリーが長持ちした方がいい。
  • 営業先でも使っているのでWiMAXの充電が切れたらまずい。
  • スマホがバッテリー切れになることが良くある。

 

仕事で使う場合や、すぐに充電できない状況が多い場合は、待ち受け時間の長いWX03の方がおすすめです。

 

さらに、WX03はクレードル(充電器)に電波をつかみやすくするアンテナが搭載されたことで、室内利用時でも電波が入りやすくなりました

こうしてみると性能的にはWX03の方がバランスが取れた機種だといえます。

 

ただ、待ち受け時間と室内利用時の差はできてしまったものの、W04も端末のスペックとしては十分に合格点。

なので、デザインが気に入ればW04という選択肢もありです。

 

 

結局どっちがおすすめ?

ゆうたゆうた

WX03はW04より250時間も待ち受け時間が長いんですね。

たかしたかし

250時間というと約10日だから、1周間以上もWX03の方が充電が長持ちするってことだな。

ゆうたゆうた

こまめに充電するのが苦手って人はWX03の方がいいですね。

ゆうたゆうた

先輩だったらW04とWX03はどっちを選びますか?

たかしたかし

俺は営業先でタブレットを使ってお客さんに資料を見てもらうことがあるから、充電が長持ちするWX03だな。

お得意さんに「WiMAXの充電がなくなったので、コンセント貸してください」とは言えないし。

ゆうたゆうた

確かに、先輩は車の中でもパソコン使ってるからWX03の方が合ってますね。

僕は、出張する時の新幹線の中でメールをチェックするくらいなんですけど、たまに動画も観るんで最大速度の速いW04の方がいいんですかね?

たかしたかし

正直な話、最高速度って理論上の数値だから、ネットを見るのにはほとんど関係ないんだ。

ハッキリ言うと、10Mbps出てれば動画を見るのには十分。

たかしたかし

それ以上の速度が出てたとしても、違いを実感するってことは難しいと思うぞ。

ゆうたゆうた

なるほど。カタログ値だと比較できるけど、体感ではそんなに差は感じないんですね。

たかしたかし

その通り。だから個人的には充電が長持ちするWX03をおすすめする。

たかしたかし

ただ、W04もWX03と比べればバッテリーの持ちは悪いけど、普通に使うための合格基準は十分満たしてる。

だから、極端な話をするとデザインが好きな方で決めちゃっても全然問題ないよ。

 

WiMAXを最安値で申し込む方法

では、WiMAXを申込む際には、どのようにして申込むのが一番お得なのでしょうか?

 

最初に説明したようにWiMAXを最安値で利用するにはGMOとくとくBBからの申込みがベスト。

WiMAXのサービス提供元であるUQから申込みをすると、キャッシュバック金額が少ないうえに端末も購入しなければいけなくなります。

 

わざわざお金を出して端末を購入するのはもったいないですよね?

 

それに比べてGMOとくとくBBは端末が無料+3万円を超えるキャッシュバック付き

W04とWX03のどちらも約3万円の金額がキャッシュバックされます。

 

ここまでのキャッシュバックができるのは、とくとくBBがネットのみの販売にこだわっているから。

実店舗の運営にかかる人件費や広告費を削減して、その分をキャッシュバックとして還元しているという訳です。

 

WiMAXは本家のUQ以外にもBIGLOBEやSo-netというプロバイダが取り扱っていますが、こういったプロバイダの中でもGMOとくとくBBのキャッシュバック金額は一番高額です。

実際に僕の周りでWiMAXを使っている人もほとんどがGMOとくとくBBから申込みをしていました。

 

WiMAXを利用する場合はとくとくBBのWEB限定キャンペーンを使って、賢く申込みをしましょう。

 

 

さらに詳細な比較

ここまで簡単にW04とWX03の違いを解説してきましたが、もう少し細かい部分に関しても見ていきましょう。

 

au LTEの利用

まず、W04にあってWX03にないもの。

それはauのLTEを使った通信です。

 

簡単に言うと、WX03はWiMAX2+という電波しか使えませんが、W04はWiMAX2+に加えてau LTEという電波も利用することができます(別途オプション料金が必要)。

LTEは人口カバー率が99%なので、田舎や地下鉄でも電波が入りやすいという特徴があります。

 

そのため、出張や旅行で山間部や田舎の地域に行くことが多い場合は、W04を選んでおくと安心です。

 

WX03のクレードル

WX03のクレードル(充電台)には、電波を拾いやすくる強化アンテナがついています。

このWX03専用のクレードルがあれば、室内でのWiMAXの電波が入りやすくなります。

 

関連記事→WiMAXの遅さは改善される?WX03のクレードル(充電器)の効果は?

 

なので、電波の入りづらいコンクリート造のマンションに住んでいる人はWX03とクレードルをセットで購入するのがおすすめ。

GMOとくとくBBのWEBキャンペーンを利用すれば、クレードルが無料でもらえて、キャシュバックも付きます。

 

充電ケーブルの違い

WX03は従来のmicroUSBが使われていますが、W04はUSB3.0 TypeCという最新のUSBに変更されています。

これはUSBの接続部の形が台形ではなく楕円形になっているタイプで、今までのUSBより大きな電気が流せるので充電時間が短縮されます。

 

新しいmacbookにも搭載されているので、これからはTypeCのUSBが主流になっていく事は間違いありません。

そう考えると、W04の方がちょっと先に進んでいる感じです。

 

画像は古いタイプのマイクロUSB

 

バッテリー交換

W04はバッテリーが消耗した時には有償修理になりますが、WX03は自分でバッテリーを購入して交換することができます。

そのため、自分でバッテリー交換をして長く使いたいという場合は、WX03を選んでおくと安心です。

 

重さ

女性が気にするのが端末の重さ。

持ち運びができる小さなルーターと言っても、多少の違いが意外と気になったりしするものです。

 

端末自体の重さに関してはWX03の勝利。

W04よりも30g軽いので、手に持った時の感覚はWX03の方がかなり軽く感じます。

 

一目で分かる表で比較

長々とした説明になってしまたので、両者の優劣が一目で分かるように、項目別に表にまとめてみました。

 

 機種 W04 WX03
画像 w04g wx03
使えるエリアの広さ ◯ (LTEが使える) ×
ケーブルの新しさ ◯ (TypeCの新しいタイプ) ×
バッテリーの持ち ×
バッテリー交換の費用 × ◯ (自分で交換可能)
重さ ×  ◯ (30g軽い)
最大通信速度
クレードル ×  ◯ (拡張アンテナがある)
操作性 ◯ (スティックタイプのため操作しやすい) ×
bluetooth

 

最後のまとめ

W04とWX03を比較して分かった違いをまとめてみましょう。

  • 最高通信速度はW04の方が速い
  • 電波の入りやすさ面では大差がない
  • W04はスティックタイプで外出利用向けで操作性が高い
  • バッテリーの性能はWX03が優れていて1週間程度長持ちする
  • 室内メインで利用する場合はクレードルにアンテナがついているWX03がおすすめ

 

このことから、たびたび充電するのは面倒なので、バッテリーの持ちを重視するという場合や、室内利用がメインの場合はWX03(室内利用の場合はクレードルが必須だけどWEB限定キャンペーン申込で無料でもらえる)。

 

逆に、外出先での利用がメインで、片手でも操作がしやすい方がいいという場合はW04がおすすめです。

WiMAXを利用する場合はとくとくBBのWEB限定キャンペーンを使って、賢く申込みをしましょう。

 

 

キャンペーン情報